アニマリズム党について

動物党とは

動物たちのために政治的な活動を行う団体のこと。

2018年現在、世界中に18の”動物党”が存在します(3党が未確認)。
各党の主張や活動は様々であり、動物解放を目指す党、動物福祉を行う党、動物産業などに対してのアクションを中心としている党などがあります。

世界のリーダーは2002年結党のオランダ 『動物のための党』 。
『動物のための党』の党首は、マリアンヌ・テーメ氏。
カリスマ的な女性で、王族の祝賀会出席の時のドレス、軍服に、夫が育てた人参を銃弾に見立てた姿で注目されました。現在下院議員。
2018年時点で国会議員5人 地方議員23を擁しています。
結党から16年で議員を送り出し、緑の党に追いつきつつあります。

オランダ以外で議員を輩出している党は、
ポルトガル:国会議員1人 地方議員6人。
オーストラリア:地方議員1人

アジアでは、日本の『アニマリズム党』(2019年結党)がアジア初の本格的な”動物党”となります。

定義:アニマリズムとは

動物を倫理と権利の対象とし尊厳と自由を保障すべきであるとする主義であり、動物を社会に包摂するための指針。

定義:アニマリストとは

アニマリズムを実践する人々のこと

アニマリズムは、権利と責任を拡大する

ヒューマニズムの範囲 アニマリズムの範囲

ヒューマニズムは人類の共助。しかし動物は、人類のための資源とされています。権利は与えられず、人類によって支配、利用されています。
アニマリズムは動物をかけがえのない個として認め、倫理と権利の対象とします。人類は、動物の自由と尊厳を守ることを求められ、また責任を持ちます。

社会を変えるアニマリズム
個人を変えるヴィーガニズム

ヴィーガニズム(Veganism)とは、「人間は動物を搾取することなく生きるべきであるという主義」(ヴィーガン協会 レズリー・クロス、1951)。
ヴィーガン(Vegan)とは、ヴィーガニズムを体現する生き方です。
ヴィーガニズムは、個人のライフスタイルを変えます。ヴィーガンとは、動物利用トライアングルからたった一人で脱却することができるライフスタイルであり、最も効果的な活動です。
しかし、ヴィーガンになるか否かは個人の選択となります。

アニマリズム(Animalism)とは、「動物の自由と尊厳を確立し、倫理と権利の対象とすべきであるとする主義で、動物を社会に包摂するための指針」。
アニマリスト(Animalist)とは、アニマリズムを体現する生き方です。
人類はこれまで、人間至上主義に基づき、人間のための法・政治・経済・システムを構築してきましたその帰結が現在です。地球環境は壊れかけ、動植物は大量絶滅し、社会は無関心で残酷、人心は荒廃し、目前の欲に刹那的な楽しみを見出します。今の道が間違っていることは明らかであり、何か変えなければいけません。
アニマリズムは、社会を変えます。ヨーロッパではすでに、アニマリズムを思想的基盤とした政党が各国にあります。
来たるべき未来、動物たちは権利を獲得することにより、守られます。権利を侵害するものには法によるペナルティーが課されることになるでしょう。

権利は弱い者を守る道具

法に裏付けられた権利とは、強者から弱者を守る道具です。
もしあなたに権利が無かったら。強者たちが、あなたを好きにできます。現在の家畜とされる動物たちと同様の状況に陥る可能性もあります。
動物の権利運動のゴールとは、法的に確立された権利を動物に獲得することによる、動物解放が真のゴールです。

権利の拡張=社会的進化

社会的な進化とは、弱者が権利を獲得してきた歴史でもあります。女性や子どもの権利が(完全ではないが)確立されたのは第二次世界大戦後です。私たちは今も進化の途上にあり、野蛮の中にいます。
権利の進化の次の段階は、感情や感覚を持つとすでに証明されている動物への権利の拡張です。

アニマリズムは、動物利用問題を解決する

動物利用問題


リブが取り組む課題は、動物利用問題です。
人類の動物利用は巨大なものです。
毎年、陸生生物だけで700億もの動物が利用されています。
動物利用問題の全体像はあまり認識されていません。
動物利用問題は二つに分かれます。
動物への被害人類への被害

動物への被害

動物への被害は、食・衣・娯楽・実験・野生の5つに分けられます。
インターネットの発達により、動物への搾取の現実が知られつつあります。
《参照》映画『アースリングス』(動物利用を描いたドキュメンタリー)
https://www.youtube.com/watch?v=thFyxG5_V4c&feature=youtu.be

人類への被害

膨大な数の動物を人工的に作り出し、そのすべてを殺すことによって生み出される
人類への被害
人類への被害は、健康・社会・倫理・化学・環境の5つに分けられます。

動物産業

動物製品を供給している産業は、動物産業(Animal Enterprise)と呼ばれます。
動物産業は、娯楽実験野生の5つの産業に分けられます。
動物産業の市場は巨大です。

動物消費

動物消費者として、動物たちを消費します。
消費は、食・衣・娯楽・実験・野生 に分けられます。
部屋の中や日用品、食事や衣料品など、利用している動物を数えてみると、数多くの動物を消費していることに気が付きます。

動物利用トライアングル

動物消費者が動物の消費を求め、
動物利用産業が供給し、
動物利用問題が生まれます。
その動物利用トライアングルの足下で、膨大な数の動物たちが利用・搾取・殺害されています。
動物たちの現状は『動物利用産業』によって隠され、動物消費者は、動物利用問題に気が付くことがありませんでした。

動物解放

私たちが向かう未来は、アニマリズムの社会。
アニマリズムは、動物、人類、地球へポジティブな影響をもたらします。

《参考》

Wikipedia Animalism
The Animalist “What is animalism?

ベーシックインカム ソーシャルセクター 動物解放|アニマリズム党

新型コロナウィルスによる外出自粛は、我々の生活に必要な仕事を明らかにしつつあります。海外で外出禁止になった国において、今継続されている仕事が、本来必要な仕事です。

アニマリズム党はベーシックインカムを推進します。

世の中は不必要な仕事であふれています。そしてその仕事こそが、地球環境を破壊し、人を駄目にする仕事である場合が多いということです。しかし、その不必要な仕事をしないと1回のミスであっという間に社会から振り落とされ、生きてけなくなるかもません。

今回の新型コロナウィルスで、外出自粛が後手後手に回り、また依然として多くの人が電車通勤して仕事に向かわなくてはいけないのも、ベーシックインカムが実施されていればすぐに止めることができました。悪徳や利権の温床である生活保護や年金をベーシックインカムというシンプルな制度に統合すれば、利権にぶら下がる大小のステークホルダーを剥がし、主権者同士の無用な対立も無くなります。

一生涯何があっても安心して暮らせるという安心感は、人々の心と生活に大きな影響を与えるでしょう。現代の日本に暮らす人々は常に、無意識レベルの不安感に圧せられています。この不安感が、神経症や抑うつ的な精神状態を作り出し、不信と対立を生みます。この不安感は制度設計によって改善することが可能だと考えます。また平等は、人生初動の、あるいは教育を受ける条件の差が可能な限り少ないことが必須の条件です。ベーシックインカムはその差を埋めることができます。病気になっても社会に捨てられない、働かなくなても、一生懸命働いていても、どちらも社会に承認されていると感じていられる社会は、良い社会、暮らしやすい社会、好きになれる社会であることは言うまでもありません。

日本で非営利活動=ソーシャルセクター=主権者が主権者同士でパブリックを作り上げていく営みが、真剣に考えられず拡大していかない原因の一つも、日々の経済に追い立てられているからです。仕事で忙しく、自分や家族を守ることのに精一杯であれば他者への配慮に思いを及ぼすことは難しくなります。自分の可処分時間が増えるほど、交友範囲と行動範囲が広がり、多様な価値観に触れ視野が広がると考えられます。仕事をリタイヤしてからソーシャルセクターで活躍される方は多いものです。本当は、人のため、社会のため、動物のため、地球のために働きたいという人々は確実に存在します。それを現役の時から行うことを促すことができれば、日本はより多様性を認め、パブリックを発達させ、協働してコミュニティや社会を作っていく、より洗練された市民社会、民主主義に進化させることが可能である考えています。

そして、動物の解放においてもベーシックインカムは必須であると考えています。ベーシックインカムを導入すればやりたくない仕事をしなくてよくなります。あるいは最小限にすることができます。屠殺を生業にされている方々や、畜産酪農を営まれている方の中には、本当はやりたくないと仰る方がいます。あるいは、動物園や水族館の嘘に気づき辞めたいと思っている飼育員の方々もいます。イルカトレーナーやシャチトレーナーの矛盾に気づいている人もいるでしょう。動物実験、狩猟、皮革産業等々も同様です。その方々が、動物産業で働かなくても生きていけるようになれば、大幅に動物産業を縮小することは可能、さらには本当に動物を守ろうとする活動に参加する人々も現れてくるでしょう。現在の動物解放活動は、動物を利用した商品やサービスを減らす、市場を縮小させる、つまり需要を減らす施策が中心ですが、供給側を縮小させる施策がシステム的に打てるのは大きいインパクトをもたらします

また、ベーシックインカムによって可処分時間を提供すると同時に、自らの食べるものを自ら作る家庭菜園を促します。少しの労力で自然は豊かに作物を与えてくれます。そのことによって農薬や遺伝子組み換え等、不自然な作物を日本の自然と、日本人の体内に流入させることも防ぐことができます。また食料自給率の向上は国防の根源です。
オーガニックな野菜穀物によって身体を組成させることによって、かつて海外から来た人々が驚嘆した、日本人の健康や体力や身体能力を取り戻すことができるでしょう。また、健全なる精神は健全なる身体に宿ると言います通り、心と体には強い相関関係があります。動物の遺体や化学物質を無くし、自然と融合した身体に進化した人々は、自然と融合した強く美しい心に進化するでしょう。


アニマリズム党 SNSのフォローをお願いいたします。
Instagram:http://animalism.party/
Twitter:https://twitter.com/AnimalismP

日本の経済は劇的に縮小 不可避|アニマリズム党

新型コロナウィルス 、将来発生するであろうウィルス・災害、内需の縮小、人口減少、産業改革の遅れ、政府、与野党の無能、経済が上向く要素は無いということを直視する必要があります。
取り戻すことはそもそも不可能であり、それはここ20年日本がやろうとして失敗したことであり、不可能は証明されています。

そこで行うべきは、かつての経済スタイルや規模を取り戻すことではありません。
緊縮財政でもバラマキでもありません。
縮小した経済を想定して、最適化を行うことです。

例えば
地球一個分の経済(すべての動物産業は廃止)
ベーシックインカム
食料自給率を限りなく100%に
生活必需品の国内生産の向上

これらを行っておけば、現在の状況を回避することができたかもしれません。
現在のパニックは、目の前の利益のために人の移動に対して迅速に制限をかけられなかったこと、グローバル経済依存の政策を続けてきたことにあります。
つまり国内だけで生きられる状況を作りながら、プラスα、海外との貿易を行う。

多くの人は不可能だというでしょう。
しかし、ほんの少し昔、
1と0が、世界の構造、コミュニケーション、産業、移動を劇的に変革すると思ったでしょうか。
ヴィーガンがこれだけ普及すると誰が思ったでしょうか。
不可能だという人々の方が多かったでしょう。

現在の状況を悲観し、諦め、怒り、依存するのではなく、
経済が縮小した先に幸福な未来が待っている、
それを作るのは自分である、と考え、共にトライしていきましょう。

SNSのフォローをお願いいたします。
Instagram:http://animalism.party/
Twitter:https://twitter.com/AnimalismP