2022 ニュージーランド 動物正義党 アオテアロア NZ|AJPANZ

アイキャッチ:2022 ニュージーランド 動物正義党 アオテアロア NZ2重要記事

概説

アオテアロアとは、マオリ族の言葉でニュージーランドを表します。設立後1年以内に国政選挙に17名の候補者を擁立しています。得票率は、小選挙区、比例代表共に0.2%前後でした。シングルイシュー政党として分類されており、広範な支持をどう獲得していくかが興味深いところです。

基本情報

党名
・AJPANZ(略称)
・Animal Justice Party Aotearoa NZ(英語)
・動物正義党 アオテアロア ニュージーランド(日本語(仮))

設立年月日 2022年
設立者 不明

所在地 27F Whatwhata Road, Dinsdale, Hamilton

シンボル

ロゴ:2022 ニュージーランド:動物正義党AJPANZ

https://animaljustice.org.nz/

Website https://animaljustice.org.nz/
SNS Youtube|FacebookInstagramX
Shop http://animaljusticeparty.ezymerch.co.nz/

組織

参照:首脳部(Leadership Team

書記長(GENERAL SECRETARY) ダネット・ウェレタ(DANETTE WERETA)
代表(EXECUTIVE PRESIDENT) ロブ・マクニール(ROB MCNEIL)
政策担当(POLICY PRESIDENT) カレン・シングルトン(KAREN SINGLETON)

議員

参照:選挙候補者(Electoral Candidates

綱領

参照:私たちの 価値観(Our Values)(Google翻訳から抜粋)

非暴力

動物正義党アオテアロア NZは、思いやり、共感、すべての生命への敬意に基づいた非暴力を基本原則として信じています。私たちは、種に関係なく、すべての存在が痛みや苦しみを感じる可能性があり、暴力は危害と暴力のサイクルを永続させることを認識しています。

私たちの非暴力への取り組みは、身体的暴力を超えて、感情的、心理的、経済的暴力を含みます。私たちの目標は、すべての存在が危害や搾取から解放され、食料、住居、安全に対する基本的なニーズが満たされ、本来の尊厳と価値が尊重される世界を創造することです。
(以下略)

動物の権利

動物正義党アオテアロア NZ は、動物が痛み、恐怖、喜びを感じる能力を持った知覚力のある存在であることを認識しているため、動物の権利を信じています。私たちは、人間が固有の権利と尊厳を持っているのと同じように、動物も法の下で平等に考慮され保護されるべきであると信じています。
(中略)

動物正義党アオテアロア・ニュージーランドでは、動物は敬意と尊厳を持って扱われる権利があり、その福祉は法律によって保護されるべきであると信じています。動物の権利を擁護することで、私たちはすべての生き物にとってより思いやりのある公正な世界を作り、より持続可能で倫理的な社会を促進するよう努めています。動物を保護し、より良い世界を築くという私たちの使命に参加してください。

平等

動物正義党アオテアロア NZ は、すべての存在は、その違いに関係なく、本来の価値と尊厳において平等であるという考えに根ざした平等を信じています。私たちは、種、品種、年齢、性別、人種、民族、性的指向、能力、またはその他の任意の基準に基づくかどうかにかかわらず、あらゆる形態の差別を拒否します。

私たちの平等への取り組みは、法に基づいて誰もが機会、リソース、保護に平等にアクセスできるべきであることを意味します。私たちは、個人の違いに基づいて個人の可能性や機会を制限する、いかなる形の偏見や偏見も拒否します。
(以下略)

持続可能性

動物正義党アオテアロア NZ では、地球とその住民の健康を守るための基本原則として持続可能性を信じています。私たちは、すべての生き物と生態系が相互につながり、相互依存していること、そしてある者の幸福がすべての者の幸福に依存していることを理解しています。
(以下略)

公正な移行

動物正義党アオテアロア NZは、私たちの社会において農家が果たす重要な役割を認識しており、より持続可能で人道的な経済への移行において農家が取り残されないように全力で取り組んでいます。

公正な移行に対する私たちの信念は、体系的な変化には、現在動物搾取産業で雇用されている人々を含むすべての利害関係者のニーズと幸福を考慮した公正かつ公平なプロセスが必要であるという理解に根ざしています。
(中略)

私たちは、動物搾取からの移行には多大な投資と支援が必要であり、これらの変化の利点を完全に実現するには時間がかかることを理解しています。しかし、私たちは、公正な移行は動物と地球の幸福のためだけでなく、農民、地域社会、労働者の長期的な健康と繁栄のためにも必要であると信じています。
(以下略)

政策

参照:ポリシーとポジション(Policies and Positions)(Google翻訳を編集)

乳業で生まれた子牛
生まれたばかりの子牛の視点(lens)を通して見た業界プロセスの完全かつ独立したレビューを実行し、公的に共有する。

冬季集中放牧の終了

冬に牛を小さな牧場に閉じ込め、地面が草を食んで泥になるまで動物をそこに放置し、過密な、時には膝までの深さの泥の中で生き、食べ、眠り、そして出産する放牧法を終わらせる。

動物実験の廃止
多くの動物実験は有害であるか信頼性が低いため、より倫理的な科学実験に対するさらなる資金提供と研究が必要。最終目標は、有害な動物実験をすべて代替方法に置き換える。

動物担当長官
動物の福祉が優先されるよう、動物を代表して行動する動物担当長官の独立した役割を任命する。

生体輸出禁止の延長
1999年の動物福祉法改正で決められた家畜の海上輸出禁止を復活させる動きを阻止する。

家畜の保護
動物産業に、1999 年動物福祉法 (The Act)を守らせる。

エンターテイメントにおける動物の使用をなくす
グレイハウンドレース、競馬、ロデオなど、動物が娯楽やギャンブルの目的で強制的に労働生活を強いられることがないよう努める。

グレイハウンドの保護
グレイハウンドレースの即時禁止。

家畜の保護施設
放牧された家畜の避難場所に関する基準に関する整備を行う。

伴侶動物
伴侶動物の死亡や病気に対する休暇を雇用法に含める。後見法に伴侶動物を含める。伴侶動物の商業的繁殖の中止等。

テ ティリティ オ ワイタンギ(ワイタンギ条約)
マオリとマオリ文化の尊重。

畜産業

畜産を段階的に廃止し、植物ベースの経済に移行させる。

海洋生物
すべての商業漁船の漁業規制順守を確保。混獲制限のための監視員同行。

農家を支援する

毛皮と革
含む動物の毛皮の生産と使用に反対。

動物管理
外来種から在来種を保護する。在来種は非致死的な防除法の研究を行う。

気候変動
植物ベースの食事への切り替え、メタン等温室効果ガスの排出削減、森林再生、海洋生物や海洋生態系保護、陸上の家畜の数を減らす。

環境
ほ動物に最も悪影響を与える人間の活動は食糧生産。植物ベースの食生活の奨励、食品廃棄物削減、コミュニティ菜園等。

エネルギー
あらゆるクリーンエネルギー源を支持する。しかし、動物に与える影響については研究を行う。

廃棄物と汚染
エネルギーと材料の使用を削減、食品廃棄物と環境汚染をなくす。リサイクルと循環経済をサポートする。

生物多様性
農地の再野生化、湿地再生の拡大、畜産農家に野生土地を取り戻すための奨励金を提供、重要な樹木の保護の義務付け、都市部に野生動物の回廊を確保。

バイオセキュリティ
重大なバイオセキュリティリスクをもたらす工場畜産の段階的廃止。野生動物とその生息地への干渉を減らす。

家族と家庭内暴力
ドメスティックバイオレンスの範囲を伴侶動物にまで拡大させる。

メンタルヘルス
動物を助ける人々が直面するメンタルヘルスの問題への対処手段を提供する

財産の状況と動物の保護
動物愛護法を全面的に見直し、動物の自主性を尊重する法律に置き換える。

健康
健康的な食事と運動の機会へのアクセスを改善。食の焦点を健康的な植物ベースのホールフードに移す。

沿革

2022
設立 オーストラリア 動物正義党|AJPとの協議を経て設立された。
11月11日 法人登録
2023
7月31日 選挙管理委員会に登録申請。
8月16日 登録される。
10月14日 ニュージーランド総選挙 17人の候補者を擁立 (議席0|小選挙区(5,829 |得票率0.21%)、比例代表(得票数5,018 |得票率0.18%))
11月25日 ポートワイカト選挙区の補欠選挙にアンナ・リッポン(Anna Rippon)が立候補 (議席0|4位)

問題

備考

参考

ニュージーランド:New Zealand

人口 504万人(2019)

宗教 カトリック(27.2%)、プロテスタント(24.9%)、ユダヤ教(0.1%)
公用語 英語、マオリ語、ニュージーランド手話
民族構成 欧州系(70.2%)、マオリ系(16.5%)、太平洋島嶼国系(8.1%)、アジア系(15.1%)、その他(2.7%)

一人当たりGDP 48,317米ドル(2021)

政体 立憲君主制

元首 英国国王
総督 英国国王の代理人
首相 ニュージーランド首相

行政区画

地方 16(うち5つは基礎自治体(単一自治体))

  1. ノースランド地方
  2. オークランド地方(単一自治体)
  3. ワイカト地方
  4. ベイ・オブ・プレンティ地方
  5. ギズボーン地方(単一自治体)
  6. ホークス湾地方
  7. タラナキ地方
  8. マナワツ・ワンガヌイ地方
  9. ウェリントン地方 ウェリントン首都
  10. ネルソン地方(単一自治体)
  11. タスマン地方(単一自治体)
  12. マールボロ地方 (単一自治体)
  13. ウェスト・コースト地方
  14. カンタベリー地方
  15. オタゴ地方
  16. サウスランド地方
MAP:ニュージーランドの行政区画

特別領

チャタム諸島

自治領

トケラウ

自由連合

クック諸島
ニウエ

選挙制度

役職名 直接選挙・間接選挙・選挙無(誰による投票・選出等か|選挙方式|議席数|任期)

[国政選挙]
元首 選挙無(世襲。 長子相続、 男子優先)
総督 選挙無(国王が任命|任期 陛下の仰せのままに(通常5年))
首相 選挙無(最大議席を獲得した政党の党首)
代議院(一院制)
 直接選挙(小選挙区比例代表併用制|120議席|任期3年)

地方選挙](詳細不明)

代議院に議席を持つ政党

日本語名称(略称|議席数|イデオロギー)

労働党(Labour|65|社会民主主義|中道左派)
国民党(National|33|保守主義・自由主義|中道右派)
緑の党(Greens|10|緑の政治・社会民主主義|左)
ACT党(10|古典的自由主義・保守主義|経済中道・社会右)
マオリ党(2|マオリの権利|左)

参考ページ

Wikipedia. Animal Justice Party Aotearoa New Zealand.

ニュージーランド(New Zealand)基礎データ. 外務省. https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nz/data.html.
ニュージーランド. JETRO. https://www.jetro.go.jp/world/oceania/nz/basic_01.html.
Wikipedia. ニュージーランドの総督.
Wikipedia. ニュージーランドの首相.
Wikipedia. 代議院 (ニュージーランド).
Wikipedia. List of political parties in New Zealand.
Wikipedia. 2023年ニュージーランド総選挙.

タイトルとURLをコピーしました