2016 フランス アニマリスト党|PA

アイキャッチ:2016-フランス-アニマリスト党重要記事

更新日:2023月11月30日

概説

動物擁護を目的としたワンイシュー政党です。政策を、ヨーロッパ政策・国家政策・地方自治政策の三つのフェーズに分けて、立案しています。各階層ごとに必要な法案や役割、社会システムに関する政策が、それぞれ明快に提案されています。複数の地方議会の議席を獲得しています。
党にはランニングチームがあり、ショップで販売しているランナーのためのシャツが魅力的です。

基本情報

党名
・PA(略称)
・Parti animaliste(フランス語)
・Animalist Party(英語)

設立年月日 2016年3月14日
設立者 7名:Samuel Airaud (L214)、Héléna Besnard、Nathalie Dehan、Isabelle Dudouet-Bercegeay、Melvin Josse、Douchka Markovic、エレーヌ・トゥイ(Hélène Thouy)

本部所在地 オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏 リヨン大都市圏南郊外 ヴェニシュー

シンボル

Par https://parti-animaliste.fr/ — https://parti-animaliste.fr/wp-content/uploads/2021/07/Logo_Parti_animaliste_transparent_HD.png, marque déposée, https://fr.wikipedia.org/w/index.php?curid=14254603

アニマリスト党
Website https://parti-animaliste.fr/
SNS YoutubeFacebookInstagramX
Shop https://parti-animaliste.fr/boutique

キャンパス・アニマリスト(ユース組織)
Website https://campus-animaliste.fr/
SNS YoutubeFacebookInstagramX

組織

アニマリスト党

参照:オフィス(Le bureau national

共同代表:Coprésident(リール) アントワーヌ・スタスーリア(Antoine STATHOULIAS)
共同代表(ボーダン) カトリーヌ・エライエル(Catherine HÉLAYEL)
共同代表(パリ) ドゥーシュカ・マルコヴィッチ(Douchka MARKOVIC)
共同代表(ボルドー) エレーヌ・トゥイ(Hélène THOUY)
共同代表(パリ) ムリエル・フシ(Muriel Fusi)(*広報担当)
共同代表(シャルトル) ピエール・マザエリ(Pierre MAZAHERI)

地方組織

参照:Groupes régionaux
地方事務所(Bureaux régionaux)、地域グループ(Groupes régionaux)、部門別グループ(Groupes départementaux)

キャンパス・アニマリスト(青年組織)

キャンパス・アニマリスト(Campus animaliste)は、15〜29歳までのユース組織。学校の教科に動物倫理を組み込む署名キャンペーンや、スポーツと栄養に関する円卓会議、模擬裁判で動物を助けるための弁論大会を行うなどの活動を行っている。

キャンパス・アニマリストの組織

事務局(Bureau)
共同代表 6名(任期2年|再選による更新可能)(参照:オフィス(Le Bureau))
評議会(Conseil)
最も活動的で責任感のある人々の集まり。部門マネージャーと副マネージャーは評議会の一員。
総会(Assemblee du Campus Animaliste)
会員が出席する。賛助会員は顧問として出席することができる。

キャンパス・アニマリストの活動

トレーニングセンター(Le pôle Formation)
動物に取り組む若者のスキルを向上させることを目的とし、動物保護活動に関連したトレーニングを提供し。
コミュニケーションセンター(Le pôle Communication)
オンラインでの、コンテンツの作成、投稿、共有を行う。Facebook、Twitter、Instagram、TikTok、Reels。
共生と統合センター(Le pôle Convivialité et intégration)
協会、メンバー、新しいメンバー。
視聴覚センター(Le pôle Audiovisuel)
キャンパス・アニマリストにメディアの注目を集め、一般の人々を啓発するためのコンテンツを制作する。
政治動員センター(Le pôle Mobilisation politique)
メンバーに情報を伝え、政治運動に動員する。
地域調整センター(Le pôle Coordination)
地域グループの発展を奨励し、支援することによって、国内へのキャンパス・アニマリストの展開を促進する。
読書クラブ(Le club de lecture)
読書を奨励し、動物文学を通じて学び、既存の著作を促進し、創造性 を刺激する。

議員

参照:議員(Nos élus

副市長 1名
 モンペリエ副市長(動物福祉担当)
市議会議員 9名
 パリ市議会議員(パリ11 区副市長)
 パリ市議会議員(パリ18区動物福祉担当)
 ブルティニー・シュル・オルジュ市議会議員
 ナント市議会議員(市内の動物と生物多様性ルート担当)
 グルノーブル市議会議員(動物福祉担当副代表)
 サン ドニ市議会議員(動物福祉担当副代表)
 ヴィトロル市議会議員
 ルヴィエ市議会議員
 モントルイユ市議会議員(市内の自然、動物等担当副代表)
地域顧問 1名
 イル・ド・フランス(農業・食品委員会の地域顧問)

MAP:フランスの地域圏とPAの議員

綱領

価値観憲章より

参照:価値観憲章(Charte des valeurs)(Google翻訳を修正)

前文
価値憲章は、党の創設時の価値観を定義します。それらは党の政治的行動を支えている。会員は、価値憲章とそこに定められた原則を尊重することを約束します。
導入文
動物は、自分自身の意志と興味を与えられた、感覚的でで意識的な存在です。 すべての感覚を持つ存在は、本質的な価値を持つ個人です。
正義
公正な社会では、人間と動物との相互作用において、動物の利益が十分に考慮されることが求められます。
思いやり
調和のとれた社会は思いやりと倫理に基づいており、制度と国民はこれに貢献しなければなりません。自由
自由社会には、各個人が自分自身の人生の主体となることが保証されることが含まれます。二者の自由の間に紛争が生じた場合、この自由に対する攻撃の比例原則に従って解決しなければなりません。
責任
責任ある社会では、機関、組織、国民が自らの行動に責任を負い、意思決定や行動において現在および将来の関係するすべての個人を考慮することが保証されます。
持続可能性
持続可能な社会は、すべての個人、人間、動物の間で土地、海、空の空間を公平に共有し、資源への長期的なアクセスを保証します。それは人間と動物に共通の遺産を構成し、保存します。

プログラム前文より

参照:プログラム前文(Programme National)(Google翻訳)

動物は感覚を持つ存在であり、「感情、痛み、幸福……を感じ、環境や人生経験を主観的に認識する能力」を意味する感覚という概念によって定義される意味で、人間社会が動物に与える運命は、太古の昔から、一部の構成員の頭を悩ませてきた。実際、長い思想の伝統にとって、虐待されたり殺されたりしない権利を支えるのは、認知的なパフォーマンスではなく、肉体をもって影響を受け、その特異な経験を持つという事実なのである。

人間が動物をどのように扱うかという問題は、最初は神話に現れ、次にギリシャ・ラテン哲学に現れ、プルタルコスの創設論文『肉を食べるのが自由であれば』など、この主題に関する多数の文書が遺されている。すでにこの論争は、動物に負う正義の関係を支持する人々と、ストア派特有の人間中心主義的な最終主義に養われて動物を拒否する人々との対立を引き起こしている。修復するもの(エロス)と破壊するもの(タナトス)、二つの世界観が衝突し続ける。また、動物に対する暴力の正当性を問う問題において、いわゆる「ヴィーガンおよび反種差別主義者」グループから生じた最近の論争を見るのは、少なくとも誤りである。

道徳的配慮の輪に動物を含めることは、古くからの政治的、道徳的問題であり、思想家、作家、哲学者、芸術家だけでなく、路上の女性や男性も提起してきた。フランスに関する限り、最もよく知られている人物たちを挙げてみよう:ミシェル・ド・モンテーニュ、ジャン=ジャック・ルソー、ヴィクトル・ユゴー、エミール・ゾラ(ドレフュス大尉の擁護者)、コレット、マルグリット・ユルスナール…。

最も身近でない人々にまで配慮の対象を広げ、動物まで含めるようになったことが文明の進歩であることに、正直に異論を唱える人はいないだろう。たとえばダーウィンは、人間の道徳が到達した段階について述べながら、人間はその過程で「あらゆる人種の人間、不具者、馬鹿者、社会の役立たず、そして最後には動物そのものにまで」同情を広げてきたと述べている(『人間の下降』)。

このような懸念は、弱いながらも動物の状態に関する積極的な法律に反映されており、今や緊急の課題となっている。事実が物語っている。科学技術の発達は、かつて手段や知識の不足によって必要とされた動物の利用から動物を解放したとは言い難く、それどころか、その範囲を拡大するために利用され(畜産の工業化、遺伝子組み換え、実験室での実験など)、人類の歴史上かつてない規模で動物を殺処分するに至っている。

動物愛護運動に反対する人々が、動物愛護運動を擁護する人々が動物を消滅させようとしていると非難するのは驚くべきことである。さらに言えば、家畜と野生動物を問わず、動物に対する残酷な慣習を守りながら、人間関係に平和をもたらすにはどうすればいいのだろうか。

伝統やライフスタイルの重みを無視するどころか、アニマル党は弱者擁護の歴史を知らないわけではない。また、経済的なブレーキや習慣の抵抗に気づかないわけでもない。さらに、過去との残酷で過激な決別を提案するわけでもない。私たちの社会における動物に対する意識の進化と、現在のモデルに終止符を打つことを求める生態系の危機の両方に留意している。アニマル党が提案しているのは、まさに社会のモデルであり、消費に「動物製品」が遍在し、それゆえに動物に対する暴力が遍在していることに気づけば、誰もがこのことを理解するだろう。

政策

参照:私たちのプログラム(Notre programme)(Google翻訳を修正、抜粋)

国の政策(Programme national)

  1. 動物保護を制度化する
    動物保護を保証する公的機関|動物保護協会の強化等
  2. 検討範囲を広げる
    毎年数億匹の動物を救う|人々に動物の地位を認識させる|動物保護を強化するための法律の強化|ペットへの危害・虐待との戦い|保護・識別・滅菌|いわゆる「 働く 」犬 の保護|咬傷犬について|野生動物を守る|水生動物を守る等
  3. 倫理と他者の尊重を教育する
    動物や栄養に関する教育について等
  4. 家族を守ろう
    ペットについて等
  5. 領土を共有する
    陸生環境の保護|水生環境の保護|動物による農作物被害への対策|都市生物との共存等
  6. パンデミックの蔓延を避ける: 健康はひとつ
    パンデミックの原因を解決する(森林破壊|野生動物取引|集約的工場畜産の廃止|健康な食事|病気の予防等)
  7. フランスの食料主権とすべての人々の食料安全保障を確保する
    動物製品を減らし、植物製品を推進する等
  8. 未来の分野を開発する
    植物性代替製品の開発等
  9. 良心をもって科学を推進する
    動物実験に対する政策等
  10. すべての人を尊重して富を生み出す
    植物製品に対する減税|動物製品に対する増税等
  11. 社会をなだめる
    人間への暴力を増長させる|動物への暴力を禁止(狩猟、闘牛、闘鶏の禁止)等
  12. 動物を利用しない娯楽で楽しむ。
    競馬、サーカス、動物園、水族館等の禁止等
  13. 責任ある国際的立場を採用する
    フランスは、人間、動物、環境を保護する責任ある立場を取る|産業漁業の終焉|イルカ漁(太地湾)の放棄要求を日本との外交関係に組み込む|毛皮、トロフィーの禁止等
  14. 民主主義に希望を取り戻す
    国民と、政治関係者や上級公務員との間の溝が深まっていることに対して、市民イニシアチブ住民投票による立法及び廃止を確立する|行政データへのアクセス促進等

地方自治体の政策(Programme municipal)

  1. 自治体サービス、警察、動物
    自治体動物保護部門を設立|動物を守るためのインフラ構築
  2. 人間と動物:共生
    家庭動物|「被害を与える可能性のある動物」|野良動物|収容所とシェルター
  3. 動物と環境の保護に関わる市民
    参加型民主主義|市民や行政が動物の権利を推進するためのインフラ構築
  4. 生活環境・環境
    都市計画と住宅|道路
  5. 文化と教育
  6. スポーツとレジャー
  7. 家族と食べ物
    ヴィーガンとベジタリアンの推進
  8. 経済生活
    動物の権利を考慮した経済システムの導入

ヨーロッパの政策(Programme europeen)

  1. 法的地位と欧州当局
    動物問題をヨーロッパの法律に組み込む|動物問題を欧州機関に統合しその独立性を強化する|動物への虐待や売買に対する管理を強化する
  2. ガバナンスと影響力
    ヨーロッパおよび国際レベルの両方で、動物の生活条件に関する条項を外交および通商関係に組み込む
  3. 農業と畜産
    農業セクターの発展を支援する|食用農場における動物保護の強化|非食用農場における動物保護の強化|生きた動物の輸送を厳しく規制する
  4. 漁業と養殖
    漁業行為を厳しく規制する|養殖場での魚の保護を強化する(養殖)|海や藻類からの植物性タンパク質への投資: 経済的でおいしい代替
  5. より植物ベースの食生活を目指して
    食習慣の進化をサポート|消費者にとっての情報の明確性の向上
  6. 野生動物とその自然環境
    狩猟と密猟との戦い|野生動物の捕獲禁止を支持する|動物とよりよく共存する: 縄張りを共有する|動物の生息地を汚染から守る|苦しんでいる野生動物を助けるために介入する
  7. 動物の研究と実験
    非動物的方法の研究を奨励する|動物実験を段階的に廃止する|ECVAM(欧州代替法検証センター)の活動を強化する|研究目的で使用される動物の保護を改善する|教育と教育における倫理の開発

沿革

2014
動物党を作るアイデアが生まれ、他国の事例研究、オランダ「動物のための党」の国際会議に出席するなど、準備を重ねる。
2016
3月14日 設立(官報に掲載)
11月14日 正式に発足
2017
下院選挙 (議席0|得票数63,637|得票率0.28%) 142の選挙区で立候補
上院選挙 共同党首エレーヌ・トゥイが立候補(議席0|得票数10|0.34%)
2019
欧州議会選挙 エレーヌ・トゥイが立候補(議席0/79|得票数490,074|得票率2.17%)
Animal Politics EUに参加

2020
地方選挙 12議席獲得(詳細不明
2021
地方選挙 議席獲得(詳細不明
2022
大統領選挙 エレーヌ・トゥイが立候補を検討したが、立候補に必要な選挙人500人の推薦を受けられず断念。
下院選挙 (議席0|得票数255,712|得票率1.12%) 候補者421人を擁立(目的を議席獲得ではなく、動物問題について関心を高めるためとしたため)
青年組織アニマリスト・キャンパス設立

問題

備考

・俳優ブリジット・バルドーや哲学者などがPAを支援している。有名人が支援を訴える動画
・アニマリスト党のランニングチームがある(ÉQUIPE DE RUNNING)。
・イルカの座礁問題に力を入れている(DAUPHINS)。
・駐在員制度(フランス各地でビラまきや会議の主催などを行う)がある(Correspondant)。

フランスの動物党リスト(設立順、8団体)

1993
フランス クローバー – 新しいエコロジストたち(日本語名称)
Le Trèfle – Les nouveaux écologistes(フランス語名称)
解散:2013

1996
人間・動物・自然 運動(日本語名称)
MHAN(略称)
Mouvement hommes animaux nature(フランス語名称)
参考;Wikipedia
活動中:詳細はWebsiteへ。

2012
動物保護市民運動日本語名称)
MCPA(略称)
Mouvement Citoyen pour la Protection Animale(フランス語名称)
FacebookX
活動中:SNSは更新されているが、Website無し。

2016

アニマリスト党
→ 詳細情報(本ページ)

透明性と倫理を求める反処分主義的市民政党(日本語名称)
PACTE(略称)
Parti Antispéciste Citoyen pour la Transparence et l’Ethique(フランス語名称)

2017

動物のための市民の党(日本語名称)
THE MOVEMENT FOR ANIMALS(英語名称)

生きる力(日本語名称)
FPV(略称)

2018
暮らしのための生態革命(日本語名称)
REV(略称)
Révolution Ecologique pour le Vivant(フランス語名称)

参考

フランス共和国:French Republic

人口 約6,804万人(2023)

宗教 カトリック(47%)、イスラム(3%)、プロテスタント(3%)、仏教(2%)、ギリシャ正教(1%)、ユダヤ(1%)、その他(1%)、いずれでもない(34%)(2022)

一人当たりGDP 44,408ドル(2023)

政体 共和制

元首 フランス共和国大統領
首相 フランス共和国首相

行政区画

ヨーロッパ領土

地域圏(州)(région) 12
グラン・エスト地域圏
ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏
ブルターニュ地域圏
サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏
イル=ド=フランス地域圏
オクシタニー地域圏
オー=ド=フランス地域圏
ノルマンディー地域圏
ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏
プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール

特別地方公共団体 1
コルス地方公共団体

(département:デパルトマン) 101(本土・島嶼部96県、海外5県)
(arrondissemen) 330
小郡(canton) 3880
市町村(commune) 36,569
*大規模な市町村には、区(Arrondissement municipal)がある。
*市町村が協力する形態として、都市共同体が750ある。

海外領土

海外県 5
ギュイヤンヌ(フランス領ギアナ)
グアドループ(カリブ海)
マルティニーク(カリブ海)
マヨット(モザンビーク海峡付近)
レユニオン(マダガスカル島沖)

海外準県 5

特別共同体
ニューカレドニア(ヌーヴェルカレドニー、Nouvelle-Calédonie, a collectivité sui generis)

無人島嶼
南方・南極地域、インド洋無人島群、クリッパートン島、南極大陸 アデリーランド

選挙制度

役職名 直接選挙・間接選挙・選挙無(誰による投票・選出等か|選挙方式|議席数|任期)

欧州議会選挙
欧州議会議員 直接選挙(28加盟国のEU市民による投票|普通・自由・秘密投票・比例代表制を原則に各国が細則を決める|705議席|任期5年)
*欧州議会は、EU(欧州連合)の立法府下院にあたる。

[国政選挙]
元首 直接選挙(有権者(18歳以上のフランス人)|ニ回投票制(第一回投票で有効投票総数の過半数で当選。過半数に届かなければ、第ニ回投票で上位2候補による決選投票)|任期5年)
首相 選挙無(大統領による任命|任期なし)
議会議員(二院制。下院が優越)
・下院(国民議会) 直接選挙(国民による投票|小選挙区二回投票制|577議席)|任期5年)
・上院(元老院) 間接選挙(選挙人(国会議員・地方議会議員等)による投票|小選挙区比例代表連用制|348議席|任期6年(3年ごとに半数改選))

*以下の選挙方法については1995年と2008年の情報が混在している。

地方選挙](詳細不明)
地域圏長官(地域圏知事、州知事、州地方長官、州長官:préfet de région) 間接選挙(州議会議員による投票|任期不明)
地域圏(州)議会議員 直接選挙(州民による投票(選挙登録が必要)|比例代表制(拘束名簿式)|任期6年|被選挙権21歳以上)

県地方長官(県長官:préfet) 選出方法不明
県(コミューン)議会議員 直接選挙(県民による投票(選挙登録が必要)|小選挙区2回投票制|任期6年|被選挙権21歳以上)

郡、小郡、市町村 首長 詳細不明
郡、小郡、市町村 議会議員(自治体によって異なる|被選挙権18歳以上)

連邦議会に議席を持つ政党

名称(略称|議席数|イデオロギー|ポジション)

ルネサンス(RE|155|自由主義・親欧主義|中道)
全国集会 (RN|88|右派ポピュリズム|極右)
ラ・フランス・アンスミーズ(FI|69|左翼ポピュリズム|左〜極左)
共和党(LR|62|リベラル保守主義|中道右)
社会党(PS|27||社会民主主義|中道左派)

参考ページ

Wikipedia. Parti animaliste.
Wikipedia. Animalist Party.
フランス共和国基礎データ. 外務省. https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/france/data.html.
西澤宗英, 府川繭子. 海外の宗教事情に関する調査報告書. 文化庁宗務課. 2022.03. https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/shumu_kaigai/pdf/r04kaigai.pdf.
Wikipedia. フランスの地方行政区画.フランス地方選挙のあらまし. 自治体国際化協会. 1995.07.20. https://www.clair.or.jp/j/forum/c_report/pdf/105-1.pdf.
山下茂. フランスにおける州域での中央政府行政と地方自治行政. 2008. https://www.clair.or.jp/j/forum/series/pdf/h20_08.pdf

タイトルとURLをコピーしました