2018 アイルランド 動物福祉党|PAW

アイキャチ:2018 アイルランド 動物福祉党重要記事

更新日:2023月12月03日

概説

アイルランドの動物党です。動物福祉党という名称ですが、動物の利用と搾取の廃止を目指しています。2020年のアイルランド総選挙に、副党首が無所属で立候補しましたが、落選。現在のところ議席は獲得していません。

基本情報

党名
PAW(略称)
Party for Animal Welfare(英語)
An Cumann um Leas Ainmhithe(アイルランド語)
動物福祉党(日本語)

設立年月日 2018年12月
設立者 

所在地 

シンボル

ロゴ:2018 アイルランド 動物福祉党

By https://twitter.com/AnimalWelfareIE, Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=64567274

Website https://www.ipaw.ie/
SNS YoutubeFacebookInstagramX

組織

詳細不明(参照:私たちのチーム(Our Team))

議員

不明

綱領

参照:私たちについて(About)(Google翻訳を修正)

私たちは誰か

動物福祉党は、すべての動物にとってより良い世界を築くことに専念しています。動物愛護はあまりにも長い間無視されてきた問題であり、常に利益と伝統の二の次にされてきました。私たちは、他の政党や組織の政策に影響を与えることを期待して、私たちの原則を証言することで、アイルランドにおける動物の権利の改善を目指しています。

私たちの使命

私たちのゴールは、情報、教育、政治的擁護を通じて、人間以外の動物の苦しみ、虐待、搾取をなくすことです。 私たちは、人間の利益のための動物の使用と搾取の廃止を目指します。私たちはすべての動物が人間の暴力や苦しみから解放されて生きる権利を持っていると信じています。

私たちはキャンペーンや活動において倫理的かつ知的勇気を大切にしています。 独立性、誠実さ、忍耐力はすべて、この取り組みの要素です。 私たちの言葉と行動は私たちが表明した価値観と一致しており、私たちが行う約束によって誠実さを示します。

私たちは、持続可能な変化に焦点を当てたプロジェクトに取り組んでいます。私たちは、動物に真の永続的な変化をもたらす、献身的で着実な長期的な取り組みに焦点を当てています。 私たちは会員とサポーターの幅広い多様性を認識し、歓迎します。 私たちは、気づきが継続的なプロセスであることを認識し、思いやりのある人生への旅のあらゆる段階にある人々を受け入れます。

私たちは、人種差別、性差別、外国人排斥など、あらゆる形態の抑圧を終わらせようと努めている他の組織と協力しており、私たちの組織内でのこれらの行為を容認しません。 私たちはお互いと自分自身を気遣い、尊重します。 異なるものに対する寛容さ、多元主義への取り組み、そして強い正義感は、私たちの共同体意識にとって重要です。 私たちは意思決定のコンセンサスモデルに従い、メンバーの意見を尊重します。

政策

参照:政策(Policies)(Google翻訳を修正)

動物にとってより良い取引を

  • すべての動物の知性と 5 つの自由を法の中に謳う。
  • 動物福祉局を設立し、郡議会と農務省から動物福祉の責任を移管する。
  • 「Dog Warden」(犬の監視人。刑務所長のニュアンスがある)の名前を「Animal Guardian」(動物守護人)に変更するなど、動物に対する責任をより適切に反映するために雇用契約書の文言を変更する。
  • 動物虐待で有罪判決を受けた者に罰則を課し、最長懲役を10年に引き上げる。
  • すべての郡に動物福祉監視官を雇用し、アイルランド警察、ソーシャルサービス、精神保健サービスと連携する。
  • ポンドを国家政策のもとに導入し、厳格な「殺処分禁止」規則を設け、厳格な検査と記録保持を義務付ける。(?)
  • 動物保護団体を、包括的な品質保証システムと管理機関に加盟させ、有給で説明責任のある職員を置く。
  • 緊急事態で要請があった場合、消防隊に動物救出に参加することを義務付ける。

動物の仲間

  • 品種固有の法律を廃止し、伴侶動物に関する規制を強化する。
  • 極端な気温の屋外で犬を鎖でつなぐことを禁止する
  • マイクロチップ装着用に3つではなく1つの統合データベースを確立する。
  • 新しいペットの飼い主を対象に、必須の動物同伴者福祉クラスを実施する。
  • すべてのペットのペットにライセンス制度を導入する。保護された動物を引き取るライセンシーは、年会費が免除される。
  • 家主がペットの飼い主の賃貸契約の資格を剥奪することを禁止する。
  • 番犬の代わりに現代のテクノロジーを導入するよう奨励する。
  • 獣医師への定期的な訪問などの基準に応じて、動物の住み替え、育成、または養子縁組に対する税制上の優遇措置を含む、「適切な所有」を促進するための優遇措置を導入する。
  • 学校のカリキュラムやメディアを通じて、動物の責任ある所有を促進する。
  • 紛失した動物や盗難された動物、さらには動物に対する虐待や残虐行為で有罪判決を受けた人々を正確に記録するための国家データベースを確立する。これは、アイルランド警察、裁判所システム、および動物保護団体の間でリンクされる。

製品としての動物

  • キツネの狩猟、コーシング(グレイハウンドを使った狩猟)、グレイハウンドのレースを禁止する。
  • 鞭や全国狩猟レースの禁止など、競馬に対する厳しい福利厚生規制を導入する。
  • 公道でのハーネスレース(人間が乗った二輪の荷車を馬が引っ張るレース)を禁止する。
  • オンラインでの動物の販売と珍しいペットの取引を禁止する。
  • 本物の毛皮の販売を禁止する。
  • 生きた動物の輸出を禁止する。
  • 事前の効果的な気絶を行わない屠殺をすべて禁止する。
  • すべての屠畜場に独立して監視されるCCTVを導入する。
  • 動物に関連するすべての製品のラベルを改善し、消費者が十分な情報に基づいて選択できるよう、より多くの情報を提供する。
  • 利益の源としての動物から、動物には独自の立場があるという認識への転換を奨励します。
  • 大型動物、犬、猿、ウサギに対する実験を直ちに禁止する。
  • 適切な資金提供と代替手段への実質的な支援を組み合わせて、動物実験の削減目標を定め、段階的に廃止する。

動物と環境

  • 保護対象野生動物種とアナグマの殺処分をやめる。
  • より健康的で持続可能な植物ベースの食事への緊急移行に影響を与えることで、気候の大惨事を回避し、人間の健康を改善するために取り組む。
  • 補助金を畜産や水産業から持続可能な植物ベースの農業に振り向けることを奨励する。

沿革

2018
12月 設立
2019
2月 正式にスタート

2020
アイルランド総選挙 ケリー選挙区 党は未登録だったが、副党首テッド・クローニンが無所属で立候補 (議席0|得票数391|得票率0.5%|3回目の集計で落選)

問題

備考

参考

アイルランド

人口 512万人(2022)

宗教 カトリック(68.8%)、他キリスト教(6.8%)、イスラム教(1.6%)、ヒンドゥー教(0.7%)、詳細不明 (7.1%)、無宗教 (14.8%)
言語 アイルランド語(ゲール語)、英語

一人当たりGDP 101,509ドル(2022、世界2位)

政体 共和制

元首 アイルランド大統領
首相 アイルランド首相

選挙制度

役職名 直接選挙・間接選挙・選挙無(誰による投票・選出等か|選挙方式|議席数|任期)

欧州議会選挙
欧州議会議員 直接選挙(28加盟国のEU市民による投票|普通・自由・秘密投票・比例代表制を原則に各国が細則を決める|705議席|任期5年)
*欧州議会は、EU(欧州連合)の立法府下院にあたる。

[国政選挙]
元首 直接選挙(優先順位付投票制|任期7年|役割は儀式的なもの)
首相 間接選挙(下院議員により選出され、大統領により任命|任期無し)
議会(ウラクタス)(二院制。下院が優越)
・下院(アイルランド代議院:ドイル・エアラン) 直接選挙(有権者による投票|比例代表制_単記移譲式投票|166議席|任期5年)
・上院(アイルランド元老院:シャナズ・エアラン) 首相が任命11名、ダブリン大学出身者3名、アイルランド国立大学出身者3名、間接選挙による選出43名(比例代表制_単記移譲式投票)(60議席|任期5年)

地方選挙
カウンティ、シティ、シティ・アンド・カウンティ議会
*議員候補者はアイルランド国民である必要はない。
直接選挙(有権者による投票|比例代表制_単記移譲式投票|任期5年)

議会(ウラクタス)に議席を持つ政党

名称(議席数|ポジション)

下院に議席を持つ政党
フィアナ・フェイル(運命の戦士) (36|中道〜中道右)
シン・フェイン(我ら自身) (36|中道〜中道左)
緑の党 (12|中道左)
労働 (7|中道左)
社会民主党 (6|中道左)
PBP-連帯 (5|左〜極左)
アオントゥ(団結) (1|経済的に中道左派、社会的に保守)
RTOC ( 1|左)

行政区画

行政区31(カウンティ26、シティ3、シティ・アンド・カウンティ2(市および県の連合体))」
*以下の表記、カウンティは省略

北部
(北アイルランドと国境を接している)
ドニゴール、リートリム、モナハン、キャバン
西部
スライゴ、ロスコモン、メイヨー、ゴールウェイ、ゴールウェイ・シティ
東部
(ダブリン)ダブリン・シティ、ダン レアリー – ラスダウン、フィンガル、南ダブリン
(中東部)ラウス、ミース、キルデア、ウィックロー
ミッドランド
ロングフォード、ウェストミース、オファリー、リーシュ
南部
(南東部)ウェックスフォード、カーロー、キルケニー、ウォーターフォード・シティ・アンド・カウンティ
(中西部)ティペラリー、リムリック・シティ・アンド・カウンティ、クレア
(南西部)
コーク・シティ、コーク、ケリー

参考ページ

Wikipedia. Party for Animal Welfare.

アイルランド(Ireland)基礎データ. 外務省, https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ireland/data.html.
Wikipedia. Religion in the Republic of Ireland.
Wikipedia. Local government in the Republic of Ireland.
アイルランド大統領. Academic Accelerator. https://academic-accelerator.com/encyclopedia/jp/president-of-ireland.
Wikipedia. ウラクタス.(議会)
Wikipedia. シャナズ・エアラン.(上院)
Local elections in Ireland. Citisn Information. https://www.citizensinformation.ie/en/government-in-ireland/elections-and-referenda/types-of-elections-and-referendums/local-elections/
Wikipedia. List of political parties in the Republic of Ireland

タイトルとURLをコピーしました