動物利用問題

図:動物利用問題 重要記事

動物利用問題

図:動物利用問題

アニマリズム党が取り組む課題は、動物利用問題です。
ヒトのヒト以外の動物利用は巨大なものです。毎年、陸棲動物700億水棲動物1兆〜3兆もの動物が利用・搾取・殺害されていると推定されています。
しかしながら、動物利用問題の全体像やその深刻さはあまり認識されていません。これはあきらかに、社会として取り組むべき社会課題です。

動物利用問題は二つに分けることができます。
動物への被害人類への被害です。(*動物とはヒト以外の動物、人類とは生物学的ヒトを表します)

動物への被害

図:動物への被害

動物への被害は、娯楽実験野生の5つに分けられます。
インターネットの発達により、ヒト以外の動物への搾取の現実が知られつつあります。
《参照》映画『アースリングス』(動物利用を描いたドキュメンタリー)

人類への被害

図:人類への被害

膨大な数の動物を人工的に作り出し、そのすべてを殺すことによって生み出される人類への被害
人類への被害は、健康社会・倫理(日本西洋)・科学・環境の5つに分けられます。

動物産業

図:動物産業

動物製品を供給している産業は、動物産業(Animal Enterprise)と呼ばれます。
動物産業は、娯楽実験野生の5つの産業に分けられます。
動物産業の市場は巨大です。

動物消費

図:動物消費

動物消費者として、ヒト以外の動物たちを消費します。
消費は、食・衣・娯楽・実験・野生 に分けられます。
部屋の中や日用品、食事や衣料品など、利用しているヒト以外の動物を数えてみると、数多くのヒト以外の動物を消費していることに気が付きます。

動物利用トライアングル

図:動物利用トライアングル

動物利用問題は、ヒトがヒト以外の動物消費を求め、動物利用産業が動物製品を供給することによって発生します。その三角形の関係は、人口増加と技術発展と共に急激に拡大を続け、地球史上かつてない規模でヒト以外の動物を誕生させ、そのほとんどを殺害しています。
この動物利用トライアングルは、膨大な数の、ヒト以外の動物たちの想像を絶する苦痛の上に成り立っています。
ヒト以外の動物たちの現状は『動物利用産業』によって隠され、動物消費者は、動物利用問題に気が付くことがありませんでした。私たちヒトは、自分であれば耐えられない苦痛をヒト以外の動物に与えていることに、先ずは気づき、学び、行動し、彼らを苦痛の底から解放しなければなりません。

動物解放

図:動物解放(アニマリズム・ヴィーガニズム)

動物解放を実現するために、私たちは、まず個人的に動物搾取を放棄します。それがヴィーガニズムの実践であり、ヴィーガンになるということです。ヴィーガンはたった一人で、動物利用トライアングルから抜け出し、動物搾取を拒否する、個人でできる最も有効な活動の一つです。
次に、社会的に動物搾取を放棄する段階に進みます。それがアニマリズムの実践であり、アニマリストになることです。アニマリズムは、倫理や権利の範囲、ヒューマニズムをヒト以外の動物にまで拡張し、社会に包摂する主義であり、それを現実のものとする指針です。
ヴィーガニズムとアニマリズムは、ヒトを含む動物、社会、地球へのネガティブな影響を減らし、ポジティブな影響をもたらします。
私たちヒトはが向かう未来は、個人的にはヴィーガニズムのライフスタイルであり、社会的にはアニマリズムに基づく社会です。その帰結として、私たちヒトを含む、動物解放が実現すると信じています。

同じ夢を持ち、本気で実現すると決意したヒトは、ぜひアニマリズム党に参加し、または支持者になってください。

共に、アニマリズムの社会を実現しましょう。

フィードバック

アニマリズム党では、政策の抜け漏れを防ぎ、より良い政策へ更新するためのフィードバックとアイデアを募集しています。

以下のリンクからご送信ください。

タイトルとURLをコピーしました